お知らせ

小、中学生の視力

4月には、小学校、中学校で視力検査が行われます。学校での視力検査は、A、B、C、Dの4段階評価で行われ、B、C、Dのお子さんは眼科専門医での再検査を勧められると思います。

視力低下が疑われる時、眼科で正確な視力検査を行って本当に視力が悪いかどうかを調べる必要があります。もし視力が悪いことが確認された時は、その原因を検査、診察によって調べることが重要です。小、中学生の視力低下の原因として最も多いのは近視ですが、それ以外に遠視、乱視、斜視、弱視、心因性視力障害、その他の病気が存在する場合があります。

またお子さんたちは調節力が強いため、正確な屈折(近視、遠視、乱視)の強さを調べるために、調節を麻痺させる目薬を点眼してから検査をすることがあります。眼鏡やコンタクトレンズの処方において、正確な屈折検査と視力検査は重要です。

これらの理由より、学校で視力低下が疑われた時は、学校生活や日常生活に支障が無いように、是非一度眼科専門医での検査をお勧めします。

 

「お知らせ一覧」を見る

広松眼科

診療科
眼科
診察時間
午前9:30~12:30 午後2:30~5:30

土曜日は午前のみ。12:00まで。

受付終了時間は、午前は12時15分(土曜は11時45分)、午後は5時15分です。
ご協力よろしくお願い申し上げます。

休診日
日曜日、祝日、木曜日、土曜日午後

〒299-0110 千葉県市原市姉崎東1-1-6第3クレールパル3F

交通案内